ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は障害者向けのデリヘル嬢 
2006.11.20.Mon / 19:25 



楽天 私は障害者向けのデリヘル嬢

Amazon 私は障害者向けのデリヘル嬢

著者:大森みゆき 出版社:ブックマン社

介護って何だろう? バリアフリーって何だろう? 私が役に立つことって何だろう?
風俗の経験6ヵ月、介護の経験ゼロの女の子が出会った障害者の性の現実を、彼女自身がストレートな言葉で綴った衝撃のノンフィクション
車椅子のお客様、意思疎通のできないお客様、目の不自由なお客様……。障害は人によって違う、悩みも人によって違う、私はそれぞれに見合った性的サービスができているだろうか?

これを読めば、世の中が違って見えてくる。
テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌
生きながら火に焼かれて 
2006.11.16.Thu / 22:51 



楽天 生きながら火に焼かれて

Amazon 生きながら火に焼かれて

著者: スアド /松百合子 出版社: ソニー・マガジンズ
中東シスヨルダンの小さな村。学校にも通わず、鞭で打たれながら奴隷のように働く17歳の少女スアド。恋愛は死に値する行為と知りながら、恋する気持ちは止められなかった。今なお虐待と死の危険にさらされている女性たちの、衝撃の記録。

【目次】
第1部 第一の人生(育った村の記憶/消えた妹ハナン/殺される女性たち ほか)/ジャックリーヌの証言(火あぶりにされた少女との出会い/決死の救出)/第2部 第二の人生(再生/結婚/絶望と罪の意識のなかで ほか)
テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌
僕に死ぬ権利をください(命の尊厳をもとめて) 
2006.11.16.Thu / 22:31 



楽天 僕に死ぬ権利をください(命の尊厳をもとめて)

Amazon 僕に死ぬ権利をください

著者: ヴァンサン・アンベール /山知子(翻訳) 出版社: 日本放送出版協会(NHK出版)
「シラク大統領、私にぬ権利を与えてください」この手紙は、フランスじゅうに衝撃を与えた。それは事故で全身麻痺となった青年が、自分の尊厳を守るため、母親の人生を取り戻すために発した心の叫びだった。あらためて、生きることの意味、尊厳あるとは何かを問う一冊。

【目次】
第1章 事故/第2章 復活/第3章 決意/第4章 手紙/第5章 波紋/第6章 大統領/第7章 旅立ち
テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌
二十一世紀に生きる君たちへ 
2006.11.16.Thu / 22:09 



楽天 二十一世紀に生きる君たちへ

Amazon 二十一世紀に生きる君たちへ

著者: 司馬遼太郎 出版社: 世界文化社
「子どもは何をしなくてはならないのか?」「人は何のために生きるのか?」その答えが、司馬遼太郎の肉声で聞こえてきます。二十一世紀を迎えた、日人のすべてに語りかける心のメッセージ。むだのない、考え抜かれた名文が私達の感動をよび起こします。
テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌
壊れた脳 生存する知 
2006.11.12.Sun / 19:59 



楽天壊れた脳生存する知

Amazon壊れた脳 生存する知

著者:山田規畝子 出版社:講談社

三度の脳出血、その後の後遺症と闘う医師の生き方。

【目次】
序章 壊れた脳の中、教えます/第1章 私は奇想天外な世界の住人/第2章 脳に潜んでいた病気の芽/第3章 病気を科学してみたら/第4章 あわや植物人間/第5章 世界はどこもバリアだらけ/第6章 普通の暮らしが最高のリハビリ

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌
白洲次郎占領を背負った男 
2006.11.12.Sun / 19:45 



楽天白洲次郎占領を背負った男

著者: 北康利 出版社: 講談社

Amazon白洲次郎 占領を背負った男
出版社 / 著者からの内容紹介
が戦争に負けてから、この男の闘いは始まった――〈マッカーサーを叱り飛ばした日人〉白洲次郎は、明治三五年(一九〇二年)兵庫県芦屋に生まれる。神戸一中卒業後、英国ケンブリッジ大学に留学。戦前、近衛文麿、吉田茂の知遇を得、戦後は吉田茂の側近として終戦連絡事務局次長、経済安定部次長、貿易庁長官を歴任、日国憲法制定の現場に立ち会った。また、いち早く貿易立国を標榜し、通商産業省を創設。GHQと激しく対峙しながら、日の早期独立と経済復興に、“歴史の黒子” として多大な功績を挙げた。昭和六〇年没(享年八三)。紳士の哲学“プリンシプル”を尊ぶイギリス仕込みのダンディズムは終生変わらなかった。妻はエッセイストの白洲正子。これまで次郎について書かれたものは多数あるが、格的な評伝、全生涯を包括した人物伝と呼べるものはこれまで一冊もないといっても過言ではない。城山三郎氏ご推薦の言葉にあるように、著者・北氏が、長年の史料渉猟、丹念な取材と丹精こめた筆致で紡ぎ出したこの作品で、 初めて白洲次郎の全人像が浮かび上がった。 圧倒的な力を前に人は何ができるのか? 敗北したとき人は何をなすべきなのか――。本書は、戦後を読むのに格好の一冊である。
テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌
死体は切なく語る 
2006.11.09.Thu / 16:28 



死体は切なく語る

著者:上野正彦 出版社:東京書籍

「どうか、どうか、神様……」炎の中に消えた愛、幼い子どもが最後に見た光景、布団の中で凍死した孤独、お父さんを許さない、美人だったがための不幸、男のシンボルに託した純愛、思い出を失ったバラバラ死体、裏切られ無実の罪をきせられて――2万体の死体を検死した監察医が涙せずにはいられなかった忘れられない感動のドラマ30編。『死体は語る』の上野正彦の書き下ろし最新作。

【目次】
第1章 涙をぬぐった監察医/第2章 最後まで子どもを守る母親/第3章 不条理さを超えて生きた/第4章 世にも不思議で切ない事件/第5章 生きていても死んでいても/終章 老人がこの世に残したメッセージ
テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌
検証戦争責任(2) 
2006.11.09.Thu / 16:18 



検証戦争責任(2)

著者:読売新聞社 出版社:中央公論新社

日中戦争から太平洋戦争に戦線を拡大した日戦争経過と終戦、そして東京裁判の受容に至る戦争責任論を日人はどう捉えたか
テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌
僕はガンと共に生きるために医者になった 
2006.11.07.Tue / 13:03 



僕はガンと共に生きるために医者になった

著者:稲月明 出版社:光文社

患者の立場から冷静に深く綴られた「一級のノンフィクション」。

【目次】
1月 今日から私も患者です/2月 さすがは我が父/3月 HPを作ってよかった/4月 幸せな時間/5月 QOLを最優先/6月 息子とのキャッチボール/7月 再入院/8月 四十二歳の誕生日/9月 最後の運動会/10月 至福の十分間/11月 覚悟する時/もし、私の告別式であいさつできるなら…
テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌
大人の塗り絵 水彩色鉛筆BOX 
2006.11.07.Tue / 12:45 



大人の塗り絵 水彩色鉛筆BOX

花・静物・風景・人物・鳥の選りすぐり名画13点

体裁:A4変型・函入り
セット内容:(48頁)/水彩色鉛筆20色/専用筆/鉛筆削り

大人の塗り絵』だけの特選オリジナルカラーで、高品質の水彩色鉛筆20色をセットした画材付きですぐ塗れるスペシャルパッケージ誕生!
水彩色鉛筆ならではのタッチで、『大人の塗り絵』が存分に楽しめます!

[特徴]
●『大人の塗り絵』のために特別にセレクトした水彩色鉛筆20色で美しく塗る!
●水彩色鉛筆だから、色鉛筆と水彩画の2通りのタッチが楽しめる!
●美麗スケルトンBOX入りで、プレゼントに最適!
●7ページに渡って詳細に技法を紹介。誰でもすぐに塗り絵が楽しめます!
●新しい趣味、また癒しの時間の楽しみに最適。脳の活性化にも効果的!
テーマ:**本の紹介** - ジャンル:本・雑誌

CopyRight 2006 記憶の彼方 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。