ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サンタさんありがとう―ちいさなクリスマスのものがたり 
2006.12.05.Tue / 19:18 
サンタさんありがとう―ちいさなクリスマスのものがたり
福音館書店
長尾 玲子(著)
発売日:1998-10
おすすめ度:4.5

楽天ブックスサンタさんありがとう―ちいさなクリスマスのものがたり

出版社 / 著者からの内容紹介
「いっしょに遊べて友だちになってくれるくまさんがほしい」しんちゃんからの手紙を読んで、サンタさんは自分で作ったぬいぐるみのくまさんに言葉を教えます。くまさんも一生懸命言葉を覚えて、イブの日までサンタさんのお手伝い。すっかりサンタさんと仲良くなったくまさんは「ぼく、ここにいたい……」とサンタさんに頼むのですが……。一生懸命、子どもの願いをかなえようとするサンタさんの姿に、子どもは大きな大きな大人の愛情を感じとることでしょう。それから“贈り物”には“こころ”がこもっていることも。『クリスマス・イブのおはなし』(全3冊)と同じく、このも美しい刺しゅうで描かれています。汽車や船や飛行機に乗って、最後には自転車やスキーまでも駆使して手紙を届ける郵便屋さんのページ、言葉を覚えたくまさんの表情の愛らしさ! 思わず見とれてしまいます。 最後に、しんちゃんはくまさんをぎゅうっと抱きしめます。「あったかーい」二人は思います。待っていた人と会えた喜びが伝わります。一番好きな人と読んでほしい絵本です。
読んであげるなら:3才から
自分で読むなら:小学低学年から
スポンサーサイト
テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイトサンタさんありがとう―ちいさなクリスマスのものがたりのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CopyRight 2006 記憶の彼方 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。