ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白洲次郎占領を背負った男 
2006.11.12.Sun / 19:45 



楽天白洲次郎占領を背負った男

著者: 北康利 出版社: 講談社

Amazon白洲次郎 占領を背負った男
出版社 / 著者からの内容紹介
が戦争に負けてから、この男の闘いは始まった――〈マッカーサーを叱り飛ばした日人〉白洲次郎は、明治三五年(一九〇二年)兵庫県芦屋に生まれる。神戸一中卒業後、英国ケンブリッジ大学に留学。戦前、近衛文麿、吉田茂の知遇を得、戦後は吉田茂の側近として終戦連絡事務局次長、経済安定部次長、貿易庁長官を歴任、日国憲法制定の現場に立ち会った。また、いち早く貿易立国を標榜し、通商産業省を創設。GHQと激しく対峙しながら、日の早期独立と経済復興に、“歴史の黒子” として多大な功績を挙げた。昭和六〇年没(享年八三)。紳士の哲学“プリンシプル”を尊ぶイギリス仕込みのダンディズムは終生変わらなかった。妻はエッセイストの白洲正子。これまで次郎について書かれたものは多数あるが、格的な評伝、全生涯を包括した人物伝と呼べるものはこれまで一冊もないといっても過言ではない。城山三郎氏ご推薦の言葉にあるように、著者・北氏が、長年の史料渉猟、丹念な取材と丹精こめた筆致で紡ぎ出したこの作品で、 初めて白洲次郎の全人像が浮かび上がった。 圧倒的な力を前に人は何ができるのか? 敗北したとき人は何をなすべきなのか――。本書は、戦後を読むのに格好の一冊である。
スポンサーサイト
テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト白洲次郎占領を背負った男のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CopyRight 2006 記憶の彼方 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。