ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
RECENT ENTRIES
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
死因不明社会 
2007.12.16.Sun / 18:36 
死因不明社会 (ブルーバックス 1578)死因不明社会 (ブルーバックス 1578)
海堂 尊

講談社 2007-11-21
売り上げランキング : 114
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

楽天:死因不明社会


スポンサーサイト
テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌
警視庁捜査一課殺人班  毛利 文彦(著) 
2007.12.16.Sun / 18:06 
警視庁捜査一課殺人班
角川書店
毛利 文彦(著)
発売日:2005-06-01
おすすめ度:5.0

楽天:警視庁捜査一課殺人班


出版社 / 著者からの内容紹介
警視庁の花形、捜査一課の中に、「刑事の中の刑事」と呼ばれるデカ達がいる。殺しのデカ(殺人犯捜査係)だ。事件を再現しながら、彼らが犯人を割り、捕らえ、落とす、捜査の実態と、組織、素顔を明らかにする!


テーマ:**本の紹介** - ジャンル:本・雑誌
いつまでもデブと思うなよ 
2007.12.15.Sat / 20:57 
いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227)
新潮社
岡田斗司夫(著)
発売日:2007-08-16
おすすめ度:4.5


楽天ブックス:いつまでもデブと思うなよ


内容紹介
一年間で五〇キロの減量に成功した著者が到達した結論。それは、ダイエットは楽しく知的な行為であり、ロー・リスク、ハイ・リターンの最高の投資であるということだった。必要なのはメモ一冊。それだけで運動不要、持続可能なダイエットは始められる。そして重力から開放された後は経済的、社会的成功が待っているのだ。過去のすべてのダイエットを無力化する、究極の技術と思想が詰まった驚異の一冊!

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌
超・格差社会アメリカの真実 
2006.12.05.Tue / 19:55 
超・格差社会アメリカの真実
小林 由美(著)
発売日:2006-09-21
おすすめ度:4.5

楽天ブックス超・格差社会アメリカの真実

出版社/著者からの内容紹介
アメリカ人は4種類しかない。超金持ちと、仕事のプロと、貧乏
人と、社会的落ちこぼれだ。ニューヨークとシリコンバレーで日人初女性
エコノミスト、証券アナリスト、コンサルタントとし26年間活躍して来た著者
が、アメリカでのビジネスの実体験と調査に基づいて的確にとらえたアメリカの
の「階層社会」の当の姿。日の百倍おっかないアメリカ版「希望格差社会
「下流社会」の実態を、具体的なケースと数字で鮮やかに暴く。さらにその上で
「それでもなぜ、アメリカは前向きなのか? アメリカは住みやすいのか? ベ
ンチャーが生まれ続けるのか?」というアンビバレンツな疑問を解く。小泉改革
末期、「階層社会化」が問題視される日の今と未来を考える上で、格好の先行
事例であり、反面教師でもあるアメリカ社会の秘密を教える、格好のテキスト。

内容(「BOOK」データベースより)
アメリカの豊かな中流家庭は、なぜ貧困層へと転落したのか。富の6割が5%の金持ち層に集中、国民の3割が貧困家庭。日の明日がここある。
テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌
ありがとう 
2006.12.05.Tue / 19:27 
ありがとう
平山 譲(著)
発売日:2006-10-14
おすすめ度:4.5

楽天ブックスありがとう

出版社 / 著者からの内容紹介
阪神淡路大震災で、家も、店も、友もなくした。神戸市長田区のカメラ店主・古市忠夫は、被災者の救助と新たな街づくりに奔走する。そして焼野原に残されたゴルフクラブでプロゴルファーを目指す。あきれながらも、温かく見守る妻や街の人々。逆境の中で、生かされている今に感謝し、忠夫は奇蹟を信じ前進する。
テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌
サンタさんありがとう―ちいさなクリスマスのものがたり 
2006.12.05.Tue / 19:18 
サンタさんありがとう―ちいさなクリスマスのものがたり
福音館書店
長尾 玲子(著)
発売日:1998-10
おすすめ度:4.5

楽天ブックスサンタさんありがとう―ちいさなクリスマスのものがたり

出版社 / 著者からの内容紹介
「いっしょに遊べて友だちになってくれるくまさんがほしい」しんちゃんからの手紙を読んで、サンタさんは自分で作ったぬいぐるみのくまさんに言葉を教えます。くまさんも一生懸命言葉を覚えて、イブの日までサンタさんのお手伝い。すっかりサンタさんと仲良くなったくまさんは「ぼく、ここにいたい……」とサンタさんに頼むのですが……。一生懸命、子どもの願いをかなえようとするサンタさんの姿に、子どもは大きな大きな大人の愛情を感じとることでしょう。それから“贈り物”には“こころ”がこもっていることも。『クリスマス・イブのおはなし』(全3冊)と同じく、このも美しい刺しゅうで描かれています。汽車や船や飛行機に乗って、最後には自転車やスキーまでも駆使して手紙を届ける郵便屋さんのページ、言葉を覚えたくまさんの表情の愛らしさ! 思わず見とれてしまいます。 最後に、しんちゃんはくまさんをぎゅうっと抱きしめます。「あったかーい」二人は思います。待っていた人と会えた喜びが伝わります。一番好きな人と読んでほしい絵本です。
読んであげるなら:3才から
自分で読むなら:小学低学年から
テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌
川島隆太教授の脳を鍛える大人の計算ドリル―単純計算60日〈2〉 
2006.12.05.Tue / 18:48 
脳を鍛える大人の計算ドリル―単純計算60日〈2〉
川島 隆太

4774308560
くもん出版 2004-08
売り上げランキング : 8222
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
楽天ブックス川島隆太教授の脳を鍛える大人の計算ドリル

内容(「BOOK」データベースより)
書は、『を鍛える大人の計算ドリル』の続編として作られた。目的は、『計算ドリル』と同様に皆さんのを若く健康に保ち、の働きを向上させることである。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
川島 隆太
1959年千葉県千葉市生まれ。東北大学医学部卒業。同大学院医学研究科修了。スウェーデン王国カロリンスカ研究所客員研究員、東北大学助手、講師を経て、現在同大学教授。医学博士。元文化審議会国語分科会委員。のどの部分にどのような機能があるのかを調べる「ブレインイメージング研究」の、日における第一人者(データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌
最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか 
2006.12.05.Tue / 18:28 

楽天ブックス最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか

出版社 / 著者からの内容紹介
飛行船墜落や原発事故、毒ガス漏出など50あまりの事故を紹介。誰がどのように引き起こしたか、食い止めたか、人的要因とメカニズムを描く。

内容(「BOOK」データベースより)
誰がどのように引き起こし、誰がどのように食い止めたのか?原発事故から高層ビル倒壊まで、50あまりのケースを紹介しつつ、巨大事故のメカニズムと人的・組織的原因に迫る。
テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌
がんばれば、幸せになれるよ―小児がんと闘った9歳の息子が遺した言葉 
2006.11.20.Mon / 19:53 



楽天 がんばれば、幸せになれるよ―小児がんと闘った9歳の息子が遺した言葉

Amazon がんばれば、幸せになれるよ―小児がんと闘った9歳の息子が遺した言葉

著者:山崎敏子 出版社:小学館

5歳でユーイング肉腫という小児がんを発病、5度の再発、4度の手術にも耐え、病床にいながらも、負けない心、優しい心遣い、家族への思いやりを忘れることはなかった―第63回「文芸春秋読者賞」受賞。

【目次】
序章 身は滅びても命は永遠だよ―最後の二週間/第1章 息をすると胸が痛いんだ―突然の発病、告知/第2章 ナオは手術するよ。だってやってみなくちゃわからないじゃないか―たび重なる再発と手術の日々/第3章 はわいにつれていってくれてありがとう―念願の南の島で泳げた/第4章 ナオ、体はこんなだけど、病気には勝っているからね―ナオ、生きる勇気をありがとう
テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌
生きたい 生命のタイムリミット 17歳少女の闘病ドキュメント 
2006.11.20.Mon / 19:45 



楽天 生きたい

Amazon 生きたい 生命のタイムリミット 17歳少女の闘病ドキュメント

著者:テレビ朝日 出版社:テレビ朝日

2005年6月に人気番組『TVのチカラ』 で取り上げられて、29万人視聴者の心を揺さぶった17歳少女のドキュメント。
突発性の心筋症を患い、心臓移植しか生き延びる術のない田裕美さんの闘病、渡米、生還の姿を追う。
“命の価値”、“人の善意”、“家族の存在”をあらためて問いかける感動の1冊!番組オリジナルドナーカード付き。

残り1カ月の“生命”…17歳心臓病少女のSOSに29万人が応えた!感動の密着ドキュメント。

【目次】
1 運命の始まり!/2 偶然の出会い/3 突然襲った病魔/4 人工心臓を装着/5 心臓移植手術を決断/6 必死の募金活動/7 TVのチカラON AIR/8 生命の空輸/9 8時間半の心臓移植手術/10 帰国/日の臓器移植の現状
テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

CopyRight 2006 記憶の彼方 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。